西洋医学と漢方とアーユルヴェーダそして統合医療


by yamadalc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

早起きは「うつ」の防止に有効です。

早起きは三文の得といいますね。
早起きはアーユルヴェーダでもその効果を説いています。
体の健康にもいいですし、なにより心の健康にもいいのです。
日の出の約45分前が起床にいいと古典には書かれています。
が、ちょっとそれは忙しい日本人には無理かな・・・
例えば夜10時半に寝て朝5時半に起き、冷たくない水をたっぷり飲み、3分でいいから瞑想し、30分朝陽を浴びながら(テレビを見ながらでも)エアロバイクをこいで軽く汗をかき、シャワーを浴びて、作りたての軽い食事(お粥みたいなもの)をとり、歯磨きをして出かける。
こんな生活をしている方はうつにはなりにくいと思います。
by yamadalc | 2006-11-15 21:19 | アーユルヴェーダ