西洋医学と漢方とアーユルヴェーダそして統合医療


by yamadalc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

次の日曜日

当クリニックは土日も診療しております。
(月に1~2度お休み)
次の11/12日曜日比較的、予約に余裕があります。
お仕事で平日・土曜日は無理な方、気軽に相談に来てください。
なお、あらかじめお電話いただいたほうがいいかと存じます。
045-987-2811
こちらまで。
# by yamadalc | 2006-11-10 13:31 | 婦人科
冷たいものを飲むと、もちろん身体を冷やしますし、声帯にもよくないようです。
私のアーユルヴェーダの師匠は、冷たいものを飲むと声が出にくくなるそうです。
声が命の仕事の方(歌手、アナウンサーに限らず、声を使わない仕事を探すのも大変・・・)は特に気をつけてください。
冷たい飲み物はまた消化力を下げます。
消化力が下がると、未消化物(アーマ)が増えます。
アーマが増えると→万病の元になります。

さて、ここで問題です。

消化力を上げて、身体にもっとも優しい飲み物は?

答えは・・・ 
次回お楽しみに。


今日の独り言: 黒田様、来られなくて残念です。 なので井川様は残ってください。^^
# by yamadalc | 2006-11-08 21:46 | アーユルヴェーダ
 先日、東京宝塚劇場に行ってきました。
 当クリニックと同じ医療ビル内にあるアーユルヴェーダサロンのオーナーが、現星組トップの湖月わたるさんと同期生という縁で、いいチケットを取っていただき観に行って来ました。
 実は、もう何回か宝塚は観に行っているのですが、トップさんが引退する所謂「さよなら公演」は初めてです。私の周りにいた人たちはみなさん引退を惜しんでハンカチを眼に当てる方が多かったです。そして・・・これはいつもですが、お洒落な女性が多いのでムサクルシイ男性(私?)は非常に浮いてしまいます。(笑)

アーユルヴェーダでは、感覚器と対象物の結合についても説かれています。
感覚器(眼、耳、鼻、舌、皮膚)が、美しいもの、美しい音楽などに触れる事は健康に非常に有益であると。
「宝塚を観に行く」という行為は、この点で非常に健康にいいのではないでしょうか。
# by yamadalc | 2006-11-06 22:24 | 趣味の話
c0102292_217819.jpg

まず、当医療ビル横の看板の写真です。これを目指して御来院下さい。














 さて本日は、日本におけるアーユルヴェーダの第一人者、幡井勉先生(東邦大学名誉教授)の講座の紹介です。以下紹介文です。
------------------------------------------------------------------------------
 「メタボリックシンドロームに効く アーユルヴェーダ」

最近、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、高脂血症のうち二つ以上が合併したメタボリックシンドロームという概念が登場してきました。運動不足を飲食が主な原因と考えられますが、放っておくと動脈硬化症、ひいては狭心症、心筋梗塞、脳卒中につながり、一命にかかわる病態です。 これに対し、アーユルヴェーダでは消化力(アグニ)の不足によって出来る未消化物(アーマ)がこのシンドロームに相当すると考えられています。食物は時々刻々私たちの身体をつくっているので、まさに食は命といえます。アーユルヴェーダの説く食の理論と実践法について2回に亘って解説していきます。
------------------------------------------------------------------------------
日時 2006年11月8日、22日  全2回  水曜日 18:30~20:00 要予約
場所 新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター
TEL 03-3344-1945
http://www.acc-web.co.jp


男性はウエスト85cm以上だと内臓脂肪が多く問題だそうです。
私も残念ながら85cm以上です。今、食事制限と運動でなんとか85を目指して頑張っています。
アーユルヴェーダでは、もちろん(健康的に)痩せる方法も説かれています。
女性も必見です。
# by yamadalc | 2006-11-05 21:49 | アーユルヴェーダ

看板設置!

開院して早一月半が経ちました。

クリニックの場所が判りにくいとのご意見がちらほらあり・・・

当医療ビル横の駐車場に大きな看板ができました。
神奈川区役所から道路を挟んで雷鳴堂ビルの横にわりと目立つ看板です。

今後来院される方は、この看板を目印にお越し下さい。

あっと・・写真を撮るのを忘れてました^^;
近日中に出します。
# by yamadalc | 2006-11-04 00:25 | 婦人科

漢方薬の飲み方

漢方薬の飲み方で、
一日三回、食前・・・ これはみなさん守ってらっしゃいますが、
あまり知られてないのが、「お湯といっしょに飲む」ということ。
冷たい水で飲む方がまだまだ多いですね。
処方する医師の説明が足りないのかもしれません。

特に最後に湯がつく漢方薬は熱めのお湯で、その他はぬるま湯でも。
お薬の効き方が違いますので、ぜひお湯で飲みましょう!


アーユルヴェーダでは、冷たい飲み物は避けるようにと教えています。
これについては、また改めてお話します。
# by yamadalc | 2006-11-03 08:21 | 漢方
続いて、クリシュナUK先生の別のセミナー

  講演会「癌」

癌についてのアーユルヴェーダ的見解と治療法、精神との関係

日時
■06年11月15(水) 19:00~21:00

会場
■中央町さくらプラザ(目黒区祐天寺)
 http://www.city.meguro.tokyo.jp/benri/maps/119_1.htm

癌・悪性腫瘍はだれにでもできる可能性があります。これは私(ヤマダ)の個人的な考え方ですが、悪性、良性関係なく腫瘍は、体の中または細胞の中に渋滞のようなものがあるとできるのではないか、と思います。アーユルヴェーダ的には「スロータスの閉塞」(血液を含め、体の中のいろいろなものの流れの不調、事故車によって車の流れが妨げられる)それに「アーマ」(未消化物、渋滞で止まったままの車)があると腫瘍ができやすくなるのではないでしょうか。
アーユルヴェーダは、それを防ぐための手立て(例えれば、車の数を減らす、事故を減らす、道路を整備する、など)を説いています。
# by yamadalc | 2006-11-01 20:26 | アーユルヴェーダ
私の師匠でもあります、クリシュナUK先生のセミナーを紹介させていただきます。今回は不妊対策についてのものです。場所は東京、祐天寺です。
興味のある方は是非ご参加を

内容は、
-------------------------------------------------------------------------------
少子化が大きな社会問題となる現代の日本。生殖補助技術の進歩は目ざましいようですが、アーユルヴェーダでは太古からの叡智が伝えられています。
「生命(せいめい)の科学」であるアーユルヴェーダには、「生命(いのち)の誕生」についての情報が沢山あります。
アーユルヴェーダの立場から現代の日本における不妊を説きます。
アーユルヴェーダ初心者のかたでもお分かりいただける内容です。
-------------------------------------------------------------------------------
日時
■11月8(水) 13:00~17:00
 または
 12月13日(水)14日(木) 19:00~21:00の2日間

詳しくは
http://www5a.biglobe.ne.jp/~charaka/sem061108.htm
こちらをご覧下さい。
# by yamadalc | 2006-10-31 07:17 | アーユルヴェーダ
はじめまして。
9月に横浜で婦人科クリニックを開業したヤマダです。
西洋医学と東洋医学(漢方、アーユルヴェーダ)、それぞれのイイトコどりをした「統合医療」を目指しています。
「特に治療は必要ないと言われたが、でも調子が悪い」
「(西洋医学の)薬はできるだけ使いたくない」
「ライフスタイルを改善して自力で健康になりたい」
そういう方々が気軽に相談に来れるような場所を提供したいと考えています。

http://www.yamadalc.jp/
# by yamadalc | 2006-10-29 23:07 | 婦人科