西洋医学と漢方とアーユルヴェーダそして統合医療


by yamadalc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

運動について

運動が健康に役立つのは確かです。
最も健康によい運動の量、強さ、さらに運動に適した時間、これらについてもアーユルヴェーダは説いています。
ほとんどの日本人は運動不足ですが、運動しすぎの方もいます。
これもやはりその人固有の体質によって、その人に適した運動の量、強さがあります。
そして、もちろん年齢を重ねるにつれ、その量・強さは下がってきます。
運動に適した時間、これは夜明け後、および日没後が良いとされています。
食後は、運動すべきではありませんが、軽い散歩程度はオススメです。

一般的に、
普段から動作が早い方は運動のし過ぎに注意です。
逆に動作が遅い方は積極的に運動しましょう。

この両者に当てはまらない人もいます。
by yamadalc | 2006-12-19 21:30 | アーユルヴェーダ
タバコを吸う人が減っているという報道がありました。
値段が上がった、吸える場所が減ってきたという理由もあるでしょうが、
やはり健康に気を使う人が増えてきたのではないでしょうか。

体に気を使っていても病気になってしまう人がいる一方で、
酒・タバコを好きなだけ嗜んでも健康で長生きする人もいますね。

「私のおじいちゃんなんか1日2箱もタバコを吸い続けているけど80過ぎてもぜんぜん元気にしてるわよ~」なんて言って、喫煙者を安心させる人もいます。
そういう丈夫な体質の人もいますが、そうでない人もいます。
そうでない人に丈夫なおじいちゃんの話は気軽にしないほうがいいでしょうね。
いいですか?そこの奥さん! 

人それぞれ個別の体質があり、みなさん「違う」のです。
丈夫な人、そうでない人など体質の分類および体質別の過ごし方をアーユルヴェーダは見事に説いています。

因みに、「丈夫な人はタバコを吸ってもいい」とは書いていません。
by yamadalc | 2006-11-25 05:07 | アーユルヴェーダ

ダイエットについて

ダイエットに興味のある方は女性でも男性でもたくさんいると思います。
お金をためるのは大変なのに、脂肪をためるのはなんと簡単な事!
と悩んでいる方、仲間はたくさんいます。

いくら食べても太らない人がいるかと思えば小食なのに太りやすい人もいますね。

「やせの大食い」もいれば、「肥満の小食」もいる。

これについては、アーユルヴェーダの体質分類を知れば納得します。
自分の体質を知り、自分にあったダイエットの方法を知る、これは大事です。
体質別の、体重を抑えるための食事の仕方・運動の仕方、食欲を抑える食材、などなどアーユルヴェーダの知恵は素晴らしい!
体質にあわないダイエット法はバランスを崩しますし、所謂リバウンドみたいなことになります。
気をつけましょう。
by yamadalc | 2006-11-17 20:26 | アーユルヴェーダ